国家資格突破の為の教材選び

このページでは、難しい国家資格を突破する為に最低限必要な教材選びについて、 説明していきます。

このサイトを見て、資格を取得しようと思い、勉強しても合格出来なければ、意味はありません。合格点に達して、資格を取得しはじめてその価値が見出せるのです。
しかし、 今回紹介した資格は、どれも難しい試験なので、簡単に合格することは出来ませし、 何も考えず勉強してしまったら途中で挫折の原因にもなります。

そこでここでは、皆さんが短期間で合格できるためのポイントである教材選びについて理解してください。

まず皆様がこれから受験勉強をはじめようと思えば、独学か通信講座を利用することになります。
例えば独学で勉強をする場合は、書店へ行ってテキストを購入しますが、 独学での合格が難しいのはここにあります。

市販されているテキストはあくまでも、学校関係者や予備校の講師が書いていて、 その本来の目的は、学校に通ってもらう宣伝になります。
ですので、そのテキストに合格するだけの情報を書くことは出来ないので、 わかりやすさと簡単な全体像だけを載せて、合格したければ学校に通学してくださいと いうような流れになります。
独学で勉強するには、まずここがネックになるのです。

ではどう言った教材がよいのか?最低限下記のポイントだけは注意してください。

講義メディア(DVDやCDなど)を用意する

自宅で勉強する場合、一番ネックになるのが、テキストだけで知識を吸収しようとすることです。
テキストだけでは理解できないことがあり、知識習得も遅くなるので、 途中で勉強に挫折してしまいがちです。
ですが、自宅で講義を聞けることにより知識を早く深く理解できるので、勉強の効率がまします。

但し、講義メデイアならなんでも良いというわけではありません。
出来るだけ、専用に収録しているもので、飽きさせない工夫をしていることです。

良くあるのが、通学風景を撮影しているものや講義に動きがなく、ただ単に講師が 話しているだけのものです。

通学の風景なら必ず講義の重複がおき、何度も何度も同じことを繰り返すだけで、 雑音も入り、視聴してストレスがたまります。
又大手予備校が用意しているようなメディアは、動きがなく講師がただ単に話しをしているだけなので、見ていてすぐに飽きがでて、効率的に知識を吸収できません。 ここは注意して見極めて下さい。

テキストについて

良いテキストの条件は、まとまりがあり、読むだけではなく見て理解できることも必要です。
悪い例を上げると文字だけの辞書のような分厚いテキストです。
これだと余計なページ数が多くなるだけで、勉強する気も失せてしまいます。

しかし文字だけではなく図表化されていれば、複雑な仕組みも理解でき、ページ数も 少なくなるので、勉強のモチベーションを保つことが出来ます。

次にテキストはフルカラーになっていることです。何故かというとフルカラーになっていれば、 何処が需要で、何を重点的に勉強すればよいか一目瞭然になり、勉強の効率がグンとまします。

この2つのポイントが効率よく勉強していくための教材選びの必須条件です。
是非参考にして下さい。


  • ■AD>> 難易度は高くない!平均を上回る合格率実績とは?

  • ■AD>> 資格の難易度が気になる方は必見。難度別、目的別の資格診断

  •