宅建の難易度とその魅力

このページでは、宅建の難易度とその魅力について、わかりやすく説明していきます。

まず難易度についてですが、

宅建は一昔前までは、しっかりと勉強さえすれば合格できたのですが、 今は事例問題中心で難しくなり、簡単に合格できる試験ではなくなりました。
それを客観的に検証するために下記をご覧下さい。

受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成16年 173,457 27,639 15.90% 32点
平成17年 181,880 31,520 17.30% 33点
平成18年 193,573 33,191 17.10% 34点
平成19年 209,684 36,203 17.30% 35点
平成20年 209,415 33,946 16.20% 33点


合格率が毎年15~17%となり、単純計算では10人受けて2人も受からないことに なりますから、数字上では難易度が高いと言ってよいと思います。

次に試験科目についてですが、権利関係、宅建業法 、法令上の制限 、その他の法令の 4科目となります。
社会保険労務士と比べれば科目数は少ないのですが、細かい項目に分ければ10以上あり実際に勉強すれば覚えることはたくさんあります。

では宅建の攻略法はどうすればよいのか?
この試験のポイントは出題科目をしっかりと理解することです。今までの過去問を分析して、 どの項目の問題が多くでて、どの科目が得点しやすいのかを見極め、そこを重点的に勉強することです。
宅建も覚えることがたくさんありますので、満遍なく全て勉強していたのでは、 とても短期間で合格できません。
しかも宅建は働きながら受験する人達が多く、勉強時間を思うように確保できないので 出来るだけで無駄を省き効率よく勉強する必要があります。

但し初学者にいきなりそのような勉強をしろといっても酷ですから、手っ取り早い方法は、 通信教育を使い、攻略法を学ぶことです。

通信教育なら丁寧に学習ポイント教えてくれるので、そこを抑えて後はしっかり勉強をすれば 十分に短期合格することが出来ると思います。
宅建は、効率よく知識を詰め込むことです。

次に宅建の魅力についてです。

宅建は、不動産関係のお仕事をしている方なら必要となる資格で、各事務所に5人の1人以上 の割合で有資格者がいなくてはいけません。
そのため不動産業では宅建取得者は重宝され、企業によってもマチマチですが、資格手当てが、 5千円~5万円の割合で支給しているところも非常に多いようです。
さらに昇進にも影響が出る企業もあり、現在不動産に勤めている方、もしくは不動産業に 就職・転職したい方は是非、資格取得を検討したいところです。

宅建は、しっかりと勉強すれば必ず合格でき、就職・転職に断然有利な資格です。


  • ■AD>> 難易度は高くない!平均を上回る合格率実績とは?

  • ■AD>> 資格の難易度が気になる方は必見。難度別、目的別の資格診断

  •